ブログ

富山の誇り

2018年4月23日

富山に生まれ育った人なら、春のこの季節、獅子舞を見たことが

ある人はたくさんおられると思います。

当たり前にあった獅子舞も、担い手不足で存続するのが

難しい地域も多くあるようです。

それでも日本の中で一番多く伝承されているのが富山県なのです。



田んぼに水が張られて、田植えが間近になると

この笛や太鼓の音でウキウキして

いよいよ生き物すべてが活発に勢いを増していきます。





村じゅうみんなが、おめかししてニコニコできるお祭りの日。

今年もたくさんお米が穫れますように

チューリップも田んぼに彩を与えてくて

しかも栄養を与えてくれる春の使者です




 

暑さも一段落?

2018年4月23日

真夏でもないのに暑さも一段落?って

天気予報で言っているのを聞いてさすがに⁇?

まだ4月で5月までだいぶあるのに

ここ数日暑すぎでした!


RX組の事務所が創立時の富山に戻ってきまして、

青山がダブルスーパーの時、なかばネタのように使っています合掌造り(^-^)。

富山県五箇山に合掌造りがあるんです。


ご存知ない方も多いのでは?


まさに日本の宝です  


島根2日目

2018年4月14日

島根2日目です。


益田市での研修会。


昨日とはうって変わって荒れ模様の天気です



先週の大きな地震の後、微弱な地震は続いています。





今日は専門職向け研修で1日みっちりの実技です。








笑いも交え、難しいワザを披露しています


次回は7月13・14日、浜田市です。


お問い合わせは、浜田市のサンガーデン輝ららさんまで


0855-42-3201です。

いい天気の島根

2018年4月13日

今日明日は、島根県にお邪魔しております





今日はお天気が良く、風がひんやりしますが、ほんとに気持ちのいい季節




まずは、地域の方向けに講演&ワンポイント実技です。

いろんな世代の方々が3時間という長丁場に関わらず、

熱心に受講いただきました。

このプロジェクトは、今年度3回シリーズで

今回、7月、10月と研修会を行い、息の長い取り組みになって

地域全体の介護の底上げになるよう、微力ながらお手伝いしたいと思います。

長いお付き合いになった島根県浜田市のみなさんとのご縁で

益田市へも足を伸ばさせていただいております。

神話の国、石見。神楽が今も盛んに行われている神に近い地域です。

いつか、ほんものの神楽を見てみたいです

元のスタイルへ

2018年4月13日

新年度が始まって半月、新しい生活に戸惑いながらも

そろそろ慣れ始めるころでしょうか。

心機一転は、やっぱり春が似合います。思い切って4月にしてよかったです。

RX組も引っ越し作業の慌ただしさは落ち着き、

やっと書類上の移転作業ができるようになってきました。

事務所の連絡先は富山になりはしましたが、けっこう関西にいます。

紫野庵を始める前は、京都に事務所はあってもあちこちに出ていく毎日で

今の生活は元通りのスタイルに戻ったようです。


来年、移転新築する兵庫篠山(ささやま)市の山ゆりホームさんに


お邪魔することが多く、関西での新たな拠点のようでもあります。






京町家だった紫野庵から、篠山の古民家へ移り住んだような感じですが、

改めて知ったのですが、京都と篠山は昔からつながっていたのです。




篠山市の中心部から30分ほど離れた福住地区。

篠山城下から京都へ向かう宿場町であり、昔から京街道と呼ばれ

丹波地方独特の商家の建物が多く、宿場町の面影が残っています。

この家並みが重要伝統的建造物保存地区に指定され、次の世代にも

残されていきます。



歴史を感じるお寺、木の幹が年輪を感じさせます。




この地区の福住小学校が2年前に閉校し、その小学校のグランドに

山ゆりホームさんが移転します!




最近、オシャレな店もぼちぼちできてきて、篠山の新たな観光スポットに

なることが期待されています。

明治維新まで6代続いた篠山のお殿様が「青山氏」で

篠山には青山歴史村があったり、青山通りがあったり

不思議なご縁を感じます。

この青山氏の江戸のお屋敷が、現在の港区青山一帯であり

青山という地名がついたのは、そういう理由からだそうです。





篠山城址の御濠です。桜は散っていましたが、

篠山城近辺は歩いて回れる観光スポットで、たくさんの人でにぎわっていました。

来年の秋には完成する新しい山ゆりホーム。

篠山の歴史、文化を存分に生かす福祉拠点になることを願っています。






 

最近の記事

カテゴリ

過去の記事

RSS

このページの先頭へ戻る